関西人形浄瑠璃の魅力
和知人形浄瑠璃

一人遣い、オリジナル脚本

江戸時代末期、大迫村で農閑期に素朴な人形を操って楽しんだことが起源です。大振りの人形を、一人で操るのが特徴。義理、人情ものの外題を得意とし、代表作は、地元の言い伝えを聞き取り創作した「長老越節義之誉」です。地域の小中学校のクラブ活動の指導を通じて後継者育成にも尽力しています。

関西人形浄瑠璃【丹波の山里に伝わる和知人形浄瑠璃】Kansai Puppet Drama

和知伝統芸能常設館

施設・公演情報

公演日
毎月第4土曜日
上演時間
13:30~15:00
入館料(協力費)
高校生以上300円、小・中学生100円
※公演日時は変更となる場合があります。
住所
〒629-1131
京都府船井郡京丹波町坂原上モジリ11
TEL
0771-84-1522(道路情報センター)

和知人形浄瑠璃は、道の駅「和」に隣接する道路情報センター内にある「伝統芸能常設館」で毎月1回上演しています。人形浄瑠璃をはじめ、和知に伝わるさまざまな伝統芸能に触れることができます。

関西広域連合「文化の道」実行委員会
〒602-8570 京都府京都市上京区下立売通新町西入藪ノ内町
京都府文化スポーツ部文化交流事業課内
TEL 075-414-4287  FAX 075-414-4223
人形浄瑠璃街道連絡協議会
〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋2丁目4番5号
兵庫県淡路県民局県民交流室
TEL 0799-26-2043  FAX 0799-24-6934