関西人形浄瑠璃の魅力
新田人形浄瑠璃芝居相生文楽

村を挙げて伝える人間国宝の技

明治初期より受け継がれる人形浄瑠璃芝居です。昭和26年(1951年)、大阪文楽座の公演を機に人間国宝・桐竹紋十郎師の指導を受け、「相生文楽」と命名。平成12年(2000年)に新田(しんでん)集落、全17戸50人が起ち立げた「NPO法人・新田むらづくり運営委員会」の活動の一環として、現在は村民挙げて保存と伝承に取り組んでいます。

関西人形浄瑠璃【鳥取に伝承される人形浄瑠璃】Kansai Puppet Drama

清流の里 新田「人形浄瑠璃の館」

施設・公演情報

開催日・開館時間
不定期(要事前予約)
住所
〒689-1426
鳥取県八頭郡智頭町西谷620-1
TEL
0858-75-1994
URL
新田「人形浄瑠璃の館」(智頭町観光協会)

鳥取県智頭町南部の全17戸50名の小さな村、新田。全住民がNPOに加入し、美しい石積みの棚田の景観や明治初期より伝わる人形浄瑠璃を活かした地域づくりに取り組んでいます。希望に応じて、「清流の里 新田」での上演や出張公演、人形の体験を行っています。また、同館は宿泊もでき、ゆっくりと農・林業体験も楽しめます。

関西広域連合「文化の道」実行委員会
〒602-8570 京都府京都市上京区下立売通新町西入藪ノ内町
京都府文化スポーツ部文化交流事業課内
TEL 075-414-4287  FAX 075-414-4223
人形浄瑠璃街道連絡協議会
〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋2丁目4番5号
兵庫県淡路県民局県民交流室
TEL 0799-26-2043  FAX 0799-24-6934